JR草津駅・東口前に、素材や空間にこだわった店舗とお庭が広がるナチュラルガーデン&ショップ&カフェ「niwa+(ニワタス)」

HOMEShop叶 匠壽庵 (カノウショウジュアン)SHOPニュース > 和菓子の日限定!煮小豆に餅 ご予約承ります!

Shop ショップ

NEW!2017.6.11

和菓子の日限定!煮小豆に餅 ご予約承ります!

カテゴリー:

みなさまこんにちは!

叶匠寿庵では6月16日(金)の「和菓子の日」にちなんだ商品を限定販売致します!
邪気を祓い、精気を養うとされる、小豆と餅で仕上げた、この日だけの限定商品です。

 

煮小豆
【消費期限】2日(製造日を含む)
【価  格】1個 216円(税込)
「和菓子の日」をご存知ですか?

嘉祥元年(848年)の夏、仁明天皇がご神託に基づき、6/16の〈16〉の数にちなんだ菓子や餅など
神前に供えて疫病を除け、健康招福を祈り「嘉祥」と改元したという古例にちなみました。

「嘉祥」とは「めでたいしるし」であり、鎌倉時代には後嵯峨天皇が東宮となられる前に6/16に
通貨16枚で御供えの菓子などを求めて献じ、それを吉例とし、皇位継承後も続けられました。
また慶長の頃には、豊臣秀吉が「嘉祥の祝」を恒例として行っていました。

民間においては「嘉祥喰」という16文で菓子や餅16個を求めて食べるしきたりがあり、
本来は嘉定通宝で買うことが当然とされていましたが、
この銭は世間に多くなかったことから米1升6合をもって買い求めることも行われていました。

このように「嘉祥祝」は疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として受け継がれました。
半年を無事に過ごせたことに感謝し、新たな気持ちで後の半年に臨むこの6月ということで明治時代まで「嘉祥の日」といわれ、
盛んに行われていたのを現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

叶 匠壽庵

  • [営業時間]
    1F 和菓子 9:30~20:00、
    2F 茶房 11:00~18:00
      <食事>
      11:00~14:30 (Lo14:00)
      <甘味>
      14:00~18:00 (Lo17:30)
  • [定休日] 水曜日
  • [TEL] 077-563-5030
  • [URL] http://www.kanou.com/

最新の記事

カテゴリー

niwa+のShop一覧

ページの先頭へ